2007年5月6日

関 係 各 位

株式会社 文 学 座
〒160-0016東京都新宿区信濃町10
TEL 03(3351)7265
FAX 03(3353)3567

訃 報

弊社所属、俳優 北村和夫(きたむら・かずお/本名)が、予てより入院加療中のところ、5月6日(日)午前7時40分、肺炎による呼吸不全のため亡くなりました。謹んでここにお知らせ申し上げます。享年80歳。

本年4月20日、軽度の脳梗塞により都内病院へ入院。その後5月2日に肺炎を発症して容態が急変、本日5月6日逝去いたしました。
住所は非公開。

 葬儀は、北村家と文学座の合同葬として下記の通り執り行います。

日時:2007年5月11日(金)18時〜19時    通夜
        5月12日(土)10時30分〜12時 告別式
式場:文学座アトリエ
東京都新宿区信濃町10 tel.03-3351−7265
JR中央線各停・信濃町駅から四谷3丁目方向に徒歩5分 
       東京メトロ丸ノ内線・四谷三丁目駅から信濃町方向に徒歩8分

葬儀委員長:加藤 武(文学座)
喪主   :北村 希玖子(きくこ)(妻)

   ※誠に勝手ながら枕花はご辞退申し上げます。
   ※葬儀供花のご注文はテイハナ(tel.03−3357−1187/fax.03−3357−0087)へお願いします。
   ※式場には駐車場がございませんので、あらかじめご了承ください。

《略歴》
(きたむら・かずお)本名同じ。1927年(昭和2年)、東京都出身。早稲田大学文学部卒業。1950年文学座附属演劇研究所に入所。53年文学座準座員、55年座員に昇格。文学座終身幹事、日本新劇俳優協会会長。
研究所同期には、本山可久子(文学座)、仲谷昇、小池朝雄らがいる。
文学座での代表的舞台に『女の一生』『欲望という名の電車』『花咲くチェリー』『華岡青洲の妻』『怪談牡丹燈籠』などがあり、杉村春子と入座直後から数多く共演を重ねてきた。
長女北村由里(きたむら・ゆり/文学座)、長男北村有起哉(きたむら・ゆきや)は共に俳優。

【主な舞台/文学座】

1951年 飯沢匡(いいざわ・ただす)=作『崑崙山(こんろんざん)の人々』《初舞台》、
   『シラノ・ド・ベルジュラック』、
   森本薫=作『女の一生』※高知県公演で、杉村春子 の相手役・栄二を務める。
52 『マリウス』『セザール』、三島由紀夫=作『卒塔婆小町』
53 『欲望という名の電車』『富島松五郎伝』
54 『思い出を売る男』『どん底』
55 『ハムレット』
56 三島由紀夫=作『鹿鳴館』
57 森本薫=作『華々しき一族』、『守銭奴』
58 『マクベス』、
60 『サロメ』
61 『ジュリアス・シーザー』、
63 『トスカ』、
64 『三人姉妹』
65 ロバート・ボルト=作『花咲くチェリー』、『かもめ』
70 有吉佐和子=作『華岡青洲の妻』華岡青洲、
71 『十二夜』、水上勉=作『飢餓海峡』、
74 大西信行=脚色『怪談牡丹燈籠』、
75 水上勉=作『五番町夕霧楼』、
76 宮本研=作『夢・桃中軒牛右衛門の』
80 『雁の寺』、
83 『オセロー』、
84 『ジェルソミーナ』、
88 『グレンギャリー・グレン ロス』、
89 『女の一生』※杉村春子と最後の『女の一生』
91 『息子です こんにちは』『ふるあめりかに袖はぬらさじ』、
95 『怪談牡丹燈籠』  ※杉村春子と最後の共演
97 『柘榴のある家』『盛装』
98 『牛乳屋テヴィエ物語』
00 『峠の雲』
01 金子成人=作『阿蘭陀影繪』
02 『女人渇仰』、03『龍の伝説』
04 『風の中の蝶たち』 ※文学座での遺作

【主な舞台/文学座以外】
00 『乾いて候』松竹座、『なよたけ』新国立劇場
01 『信濃の一茶』新橋演舞場、
02 『藤山寛美十三回忌追善公演・はなのお六』松竹
03 『新・乾いて候』松竹
04 『花咲くチェリー』地人会
06/9〜10 ドラマティック・リーディング『長屋の花見/らくだ』 ※遺作 

【主な映画】
『にごりえ』(1953、監/今井正) 『若い人』(1962、監/西川克己)
『にっぽん昆虫記』(1963、監/今村昌平) 『天国と地獄』(1963、監/黒澤明)
『香華』(1964、監/木下惠介) 『赤い殺意』(1964、監/今村昌平)
『乱れる』(1964、監/成瀬巳喜男)『“エロ事師たち”より 人類学入門』(1966、監/今村昌平)
『日本のいちばん長い日』(1967、監/岡本喜八)『神々の深き欲望』(1968、監/今村昌平)
『女体』(1969、監/増村保造) 『あゝ声なき友』(1972、監/今井正)
『サマー・ソルジャー』(1972、監/勅使河原宏)『野性の証明』(1978、監/佐藤純彌)
『太陽を盗んだ男』(1979、監/長谷川和彦)『復讐するは我にあり』(1979、監/今村昌平)
『セーラー服と機関銃』(1981、監/相米慎二)『刑事物語』(1982、監/渡辺祐介)
『密約 外務省機密漏洩事件』(1988、監/千野皓司)『黒い雨』(1989、監/今村昌平)
『あげまん』(1990、監/伊丹十三)『釣りバカ日誌9』(1997、監/栗山富夫)
『のど自慢』(1999、監/井筒和幸)『日本の黒い夏 冤罪』(2000、監/熊井啓)
『極道の妻たち 地獄の道連れ』(2001、監/関本郁夫)『赤い橋の下のぬるい水』(2001、監/今村昌平)『SHINOBI』(2005、監/下山天)
『変身』(2005、監/佐野智樹)『北辰斜(ほくしんななめ)にさすところ』(2007、監/神山征二郎)
『Beauty』(撮影中、監/後藤俊夫) ※遺作

【主なTVドラマ】
『太閤記』NHK大河、『氷点』テレ朝、『母さんの四季』CX、『花の生涯』NHK、『二つの橋』NHK、『白い巨塔』CX、『おしん』NHK、『花へんろ』NHK、『葵・徳川三代』NHK大河、『告知』CX,『ちゅらさん』NHK、『河井継之助』NTV、『堀部安兵衛』NHK

【受賞歴】
1980(昭和55) 第15回紀伊國屋演劇賞個人賞
1983(昭和58) 芸術祭優秀賞
1987(昭和62) 第28回毎日芸術賞
1989(平成1)  紫綬褒章
1993(平成5)  第1回読売演劇大賞・優秀男優賞
1997(平成9)  勲四等旭日小綬章

以上

Copyright(C) 1997-2007 株式会社文学座
本ホームページの記載内容についての無断転載を禁じます。
このホームページの著作権は株式会社文学座に帰属します。