文学座

upper line

作・演出・主演
作/ロバート・ボルト
 
   
   
 
花咲くチェリー
 

■プロフィール
<作/ロバート・ボルト Robert Bolt(1924-1995)>
グラマースクールを出たあと、17歳で保険会社に就職。43年から46年まで入隊、マンチェスター大学に入り、49年歴史科を卒業。 以後、ラジオドラマの執筆をするが、「花咲くチェリー」の成功で教職を退き劇作家として独立する。 「花咲くチェリー」は57年に初演され、爆発的な人気を呼んだ。 その後の作品には、映画化されて数々のアカデミー賞を獲得した「すべての季節の人」(邦題「わが命つきるとも」)など多数。 その他シナリオ作家としても有名で、「ドクトル・ジバゴ」(オスカーを獲得)や、「アラビアのロレンス」「ライアンの娘」など、 現在でも馴染みの深い作品を多く手がけている。