文学座

line

上演に当たって
   
   
   
 
文学座6月アトリエの会
『にもかかわらず ドン・キホーテ』上演にあたって
 


文学座アトリエでの公演については、施設設備の安全確認を適宜行い、お客様の避難誘導には万全を期して取り組みます。
尚、計画停電・節電の諸問題などの状況変化による上演変更の際には、出来るだけ迅速に劇団ホームページで事前にお知らせいたします。
不明点などがありましたら、ご観劇前にこのホームページをチェックしていただくか、お電話にてお問合せください。
私たちは、演劇の持つエネルギーが復興への力となることを信じて公演を続けてまいります。 ぜひ、これからも、文学座の演劇活動に皆様のご理解と変わらぬご支援をいただければ幸いです。
被災地の復興と被災された皆様の平安な日常の回復が、一日も早く訪れることをお祈りしております。

2011年4月22日  文 学 座