更新記録
2004.04.01
トップ || 公演案内 | 劇団概要 | 稽古場 | 支持会 | 座員連名 | 付属研究所 || お問合せ


赤司まり子

2001年からの主な舞台出演作

年度 初日月 演目 役名 主な劇場
2004 3 文学座有志による自主企画公演
久保田万太郎の世界
おみへ サイスタジオコモネAスタジオ
2003 12 バラード 飯島洋子 文学座アトリエ
★ル テアトル銀座、5月17日〜28日、秋元松代作、江守徹演出『山ほととぎすほしいまま』
1 (勉強会) 十三夜 斉藤もよ 文学座第二稽古場
2002 7 ロベルト・ズッコ ズッコの母/女主人 文学座アトリエ
4 野分立つ 山村鈴子 俳優座劇場
2001 12 牛蛙 ママA 文学座アトリエ
6 ペンテコスト 文学座アトリエ
★かめありリリオホール、1/26/、
アートスフィア、2/5〜7、
バリエ&グレディ作、(訳)川本Y子、富田稔英演出『40カラット』

文学座での主な舞台

年度 初日月 演目 役名 主な劇場 一言
2000 11 マイ シスター
 イン ディス ハウス
ダンザール夫人 文学座アトリエ
2000 4 野分立つ 山村鈴子 地方公演のみ 再演を重ねる毎に深みの増す作品。
毎回旦那様が替わり、素敵な刺激を受けています。
1999 2 俳優座劇場
1998 3 地方公演のみ
1997 8 盛装 永子 三越劇場 地方公演の楽屋口で“永子チャン幸せになれヨーッ”
と声をかけられたこと忘れられません。
1996 1 華岡青洲の妻 於勝 サンシャイン劇場 杉村春子さんの軟らかい手、暖かい膝、
江守さんの涙をためて見つめ返してくれた眼差し、
大切な財産です。
1994 9 ふるあめりかに袖はぬらさじ 芸者お芳 東京芸術劇場中ホール 荒木道子さんに三味線の大特訓を受け、
邦楽が好きだったと発見。
でも生演奏はホントに恐いです。
1991 10 サンシャイン劇場
1982 2 サンシャイン劇場
1990 11 THE GREEKS(グリークス) エウクレア
/コロス
文学座アトリエ 連日12時間稽古に疲れも出ず、自分の体力にびっくり!
9時間一挙上演の日は客席との連帯感に感動。
1990 6 女の一生 総子 サンシャイン劇場 先輩から“あなたそのまま、ピッタリヨ”と云われ
複雑な心境でした。
1983 12 東横劇場
1987 6 欲望という名の電車 看護婦 セゾン劇場 杉村春子さんと初共演。恐いもの知らずでした。
再演から演出が江守徹さんに替り、
刺激的な稽古場でした。
1986 2 サンシャイン劇場
1975 6 西武劇場/東横劇場
1983 9 ここに夢がしゃがんでいる 沙代 文学座アトリエ アトリエ初出演。
脚本を読んだとたん役の根っ子がストンと
私の中に入ってきました。
1979 2 調理場 ダフニ 東横劇場 幕が開いたら1秒たりとも気の抜けない群衆劇の中、
B・W・Hが1mの扮装で走り回ってました。楽しかった。
1977 2 飢餓海峡 時子
/えん子
東横劇場 太地喜和子さんの当り役、八重の親友で張り切って
背のびしすぎ空回り。
水上勉さんの励ましが唯一の救いでした。
1975 2 五番町夕霧楼 久子 東横劇場 初めてのセリフが京都弁。
気持ちを込めるのに必死でした。

2000.09.29A&E



トップ || 公演案内 | 劇団概要 | 稽古場 | 支持会 | 座員連名 | 付属研究所 ll お問合せ

Copyright(C) 1997-2004 株式会社文学座
本ホームページの記載内容についての無断転載を禁じます。
このホームページの著作権は株式会社文学座に帰属します。