文学座

upper line

脚本・演出
脚本/瀬 久男
   
   
   
 
かぐや姫
 

■プロフィール


脚本/瀬久男 (たかせひさお)     

1957年生まれ。文学座附属研究所20期。1985年、座員に昇格。 大胆にして緻密、緊張感溢れる舞台を次々に生み出し、文学座演出陣の中で確固たるポジションを確立している。 2001年『リタの教育』(佐藤正隆事務所)、『マイ・シスター・イン・ディスハウス』(文学座アトリエ)での成果により 第8回読売演劇大賞優秀演出家賞、2002年にはデュマ の傑作「巌窟王」を大胆に脚色・演出した『モンテ・クリスト伯』 (文学座)で高い評価を得て芸術選奨文部科学大臣新人賞、2003年には『アラビアン ナイト』で 毎日芸術賞 <千田是也賞>『リタの教育』『スカイライト』で朝日舞台芸術賞を受賞。 2003年『宇宙の旅、セミが鳴いて』(京都芸術センター)では芸術祭大賞を受賞している。