文学座

 

稲葉 賀恵(Inaba Kae )    
 

いなば かえ

日本大学芸術学部映画学科監督コース卒業。
大学在学時より映像作品、インスタレーションなど作品創作をスタートさせる。
2008年文学座付属演劇研究所48期生として入所。
研修科時代より劇団内では西川信廣、鵜山仁、高瀬久男、松本祐子、上村聡史、劇団外では青木豪、 河合祥一郎、神崎由布子(振付家)、扇田拓也の演出助手を務める。
一方で研修生時に「棲家」(作/太田省吾)を勉強会として文学座アトリエにて公演。
2013年座員に昇格後、4月に「十字軍」にて文学座初演出。
「リアリズムを越えた手法で描くこの難度の高い劇をあえて選び、それを簡潔に、だが躍動的なタッチで舞台化してみせたその手腕に私は感心した。」(扇田昭彦)と評される。
2018年10月、新国立劇場小川絵梨子芸術監督第一シーズンにおいてカミュ作「誤解」を演出。

 
 

主な演出作品

2011年 『棲家』作:太田省吾  (文学座附属演劇研究所研修科勉強会 文学座アトリエ)
13年 『十字軍』作:ミシェル・アザマ 訳:佐藤 康(文学座アトリエの会 文学座アトリエ) 
14年 『エドワード三世』作:W・シェイクスピア(が書いたかどうか疑わしいとされている) 訳:河合祥一朗
 (シェイクスピアリーディング 新モリヤビル第一稽古場)
 『マリアナ・ピネーダ』作:ガルシア・ロルカ 訳:長南 実 (日生劇場ピロティ・リーディング)
15年 『解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話』作:オノマリコ
 (趣向/世田谷パブリックシアター シアタートラム)
16年 『キャベツの類』作:前田司郎 (かまつか 中野HOPE)
 『野鴨』作:ヘンリック・イプセン 訳:原千代海 (文学座アトリエ)
 『萩家の三姉妹』作:永井愛 (文学座附属演劇研究所研修科発表会)
 『楽屋』作:清水邦夫 (シアターグリーン BASE THEATER)
 朗読劇『父と暮らせば』作:井上ひさし (企画制作・笹岡征矢)
17年 『野良女』原作:宮木あや子 脚本:オノマリコ (東映ビデオ シアターサンモール)
 『川を渡る夏』作:渡辺えり (おふぃす3〇〇 すみだパークスタジオ)
 『ガンボ!』作:青木豪 (豊橋芸術劇場PLAT 豊橋芸術劇場アートスペース)
18年 『ヘッダガーブレル』作:ヘンリック・イプセン 訳:原千代海 (VACANT)
 『誤解』作:アルベール・カミュ 訳:岩切正一郎 (新国立劇場 新国立劇場小劇場)
19年 『春のめざめ』作:フランク・ヴェデキント 訳:酒寄進一 (文学座附属演劇研究所本科卒業発表会)
 『血のつながり』作:シャロン・ポーロック 訳:吉原豊司 (文学座文芸研究委員会)
 『坂の上の家』作:松田正隆 (SAF+PRODUCE シアターグリーン BASE THEATER)
 『恋其之参』作:岸田理生 (演劇集団プラチナネクスト 恵比寿エコー劇場)
 『ブルーストッキングの女たち』作:宮本研 (兵庫県立ピッコロ劇団 兵庫県立ピッコロ劇場)
 『プラザ・スイート』作:ニール・サイモン 訳:酒井洋子(六本木トリコロールシアター)
 『動機』作:ギィ・フォワシィ 訳:利光哲夫(六本木トリコロールシアター)
 国際演劇年鑑2020 特集企画 紛争地域から生まれた演劇シリーズ11
 『リベリアン ガール』作:ダイアナ・ンナカ・アトゥオナ 訳:小田島創志
 (文化庁国際演劇協会日本センター 東京芸術劇場アトリエウエスト)
20年 『てぬるいとげ』作:下司尚実 (projectさざめき アトリエファンファーレ東池袋)

 

主な演出助手として参加した作品

2011年 『冬の旅』 演出:瀬久男(アル☆カンパニー)
 『ゆすり』 演出:青木 豪(アル☆カンパニー)
 『長崎ぶらぶら節』(再演) 演出:鵜山 仁(文学座旅公演)
2012年 『千に砕け散る空の星』演出:上村聡史(ゴーチ・ブラザーズ)
 音楽劇『わが町』(再演) 演出:西川信廣(俳優座劇場プロデュース)
2013年 『ジャンヌ』演出:鵜山 仁(世田谷パブリックシアター)
 『大空の虹を見ると私の心は躍る』演出:松本祐子(文学座)
2014年 『アルトナの幽閉者』演出:上村聡史(新国立劇場)
 『十二夜』演出:鵜山 仁(日本の30代)
 『女の一生』演出:鵜山 仁(文学座旅公演)
2015年 『トロイラスとクレシダ』演出:鵜山 仁(世田谷パブリックシアター+文学座+兵庫県立芸術文化センター)
 『悲しみを聴く石』演出:上村聡史(シアター風姿花伝プロデュース)
2016年 ミュージカル人形劇『王さま☆めいたんてい』演出:神崎由布子(日生劇場)
 『まちがいの喜劇』演出:河合祥一郎(kawai project)
2017年 日生劇場ファミリーフェスティヴァル『ムーミン谷の夏まつり』演出:扇田拓也(日生劇場)
2019年 『舞台 囚われのパルマ−失われた記憶−』演出:カニリカ(キョードーファクトリー)

 



 
 

 

 
Copyright(C) 株式会社文学座
本ホームページの記載内容についての無断転載を禁じます。
このホームページの著作権は株式会社文学座に帰属します。