文学座

 
瀬戸口 郁
 

せとぐち かおる

出身地:山口県
誕生日:7月16日
身長:174cm
方言:山口弁(指導)
経歴:1989年 文学座研究所入所
1994年 座員となり、現在に至る。
受賞歴:平成20年度『てけれっつのぱ』(劇団文化座)
文化庁芸術祭大賞(演劇部門) (脚本)



<出演情報>
○舞台 『吾輩はウツである』(脚本)
     9/11(月)〜9/20(水) 四国公演
     9/26(火)〜10/3(火) 長野公演

ボイスサンプルはこちら↓ボイスサンプル
 
 

主な芸歴

<舞台>

1992年 初舞台『御意にまかす』(文学座本公演)紀伊國屋ホール
93年 『舞台・愛しすぎる人たちよ-智恵子と光太郎-』(本公演)紀伊國屋ホール
95年 『メモランダム』(文学座アトリエ公演)
 『若人よ蘇れ(朗読劇)』(青年座)東京芸術劇場
96年 『太陽が死んだ日』(スフィア)天王洲アートスフィア
97年 『寒花』(文学座アトリエ公演)
98年 『華岡青洲の妻』(本公演)紀伊國屋サザンシアター
99年 『北の阿修羅は生きているか』(本公演)紀伊國屋サザンシアター
2000年 『ハーブ園の出来事』(俳優座劇場)
01年 『ペンテコスト』(アトリエ)
02年 『顔』(本公演)アトリエ
 『月夜の道化師』(本公演)紀伊國屋ホール
 『ウィット』(パルコ劇場)
03年 『オキシジェン』(リーディング)シアタートラム
 『レディ・ゾロ』大阪松竹座
 『バラード』(アトリエ)
 『ミュージカル みどりのゆび』日生劇場
04年 『モンテ・クリスト伯』(本公演)アートスフィア
 『THE CRISIS -ザ・クライシス-』(アトリエ)
05年 『アルバートを探せ』(アトリエ)
06年 『オトコとおとこ』(アトリエ)
 『おーい幾多郎』地方公演
08年 『真実のゆくえ』俳優座劇場
09年 『おーい幾多郎』吉祥寺シアター
 『波』(構成・出演)山本有三記念館
 『夜明けのフェニックス』長岡リリックホール・シアター
10年 『女の一生』(本公演)俳優座劇場
 『留守』『秋の対話』『秘密の代償』金沢市民芸術村
 朗読会『路傍の石』(構成・台本・出演)三鷹市山本有三記念館、とちぎ蔵の街観光館
11年 『女の一生』三鷹市山本有三記念館
 『西と東〜もしも鎖国がなかったら』東京藝術大学奏楽堂
 『音楽劇 わが町』俳優座劇場
 『流れゆくもの』滋賀県立文化産業交流記念館イベントホール内特設舞台「長栄座」
13年 リーディング『真実一路』三鷹市山本有三記念館
14年 シェイクスピア・リーディング『コリオレーナス』(アトリエ)
15年 『十二人の怒れる男たち』俳優座劇場
 『音楽劇 わが町』俳優座劇場、地方公演
 『再びこの地を踏まず−異説・野口英世物語−』(本公演)紀伊國屋サザンシアター 他
16年 『ハーヴェイ』俳優座劇場
17年 『十二人の怒れる男たち』俳優座劇場、地方公演

<脚本>
2006年 『ある剣劇女優の物語』横浜にぎわい座芸能ホール
07年 『五大路子詠み芝居 走る女』神奈川県立青少年センター
 『エゲリア』神奈川県立青少年センターホール
08年 『てけれっつのぱ』俳優座劇場
12年 『君といた夏』可児市文化創造センター
12年 『白蓮耨多羅』(作・演出)国立劇場
14年 『音楽劇 わが町』俳優座劇場、地方公演
 『吾輩はウツである』(朋友)俳優座劇場
15年 『音楽劇 わが町』俳優座劇場、地方公演

<TV>
 『おっとあぶない、外伝』NTV
 『武蔵-MUSASHI-』NHK大河
 
<映画>
 『カナカナ』
 
<ラジオドラマ>
 『人力ヒコーキから蚊帳の中で』NHKFMシアター
 『死神の精度』NHK青春アドベンチャー
 

 
Copyright(C) 株式会社文学座
本ホームページの記載内容についての無断転載を禁じます。
このホームページの著作権は株式会社文学座に帰属します。