文学座

 
鵜澤 秀行
 

うざわ ひでゆき

出身地:東京都
誕生日:4月27日
身長:168cm
経歴:1967年 文学座研究所入所
1972年 座員となり、現在に至る。


<出演情報>

ボイスサンプルはこちら↓ボイスサンプル
 
 

主な芸歴

<舞台>

1968年 初舞台『アンドーラ』(文学座アトリエ公演)
80年 『復讐するは我にあり』(文学座本公演)紀伊國屋ホール
81年 『あーぶくたった、にいたった』(本公演)俳優座劇場
84年 『近松女敵討』(本公演)サンシャイン劇場
85年 『團十郎と音二郎』(アトリエ)
88年 『雨の運動会』(アトリエ)
 『近松女敵討』(本公演)サンシャイン劇場
89年 『十二夜』(本公演)紀伊國屋ホール
 『グリークス』(アトリエ)
91年 『ふるあめりかに袖はぬらさじ』(本公演)サンシャイン劇場
92年 『恋ぶみ屋一葉』(松竹)新橋演舞場
93年 『漂泊者のマリア』(アトリエダンカン)NHKホール
94年 『シンガー』(アトリエ)
 『恋ぶみ屋一葉』新橋演舞場
95年 『守銭奴』(俳優座劇場)
 『じゃじゃ馬ならし』(シェイクスピアシアター)グローブ座
 『アテネのタイモン』(シェイクスピアシアター)グローブ座
97年 『柘榴のある家』(本公演)紀伊國屋サザンシアター
98年 『十二人の怒れる男たち』俳優座劇場
99年 『王様は白く思想する』(アトリエ)※演出
2000年 『デンティスト 愛の隠れんぼ』(本公演)三越劇場
 『鉄格子』東京芸術劇場
 『心破れて』(アトリエ)
 『峠の雲』(本公演)三越劇場
 『かどで・釣堀にて』俳優座劇場
02年 『鹿鳴館』(ポイント東京)ル テアトル銀座
 『大寺学校』(本公演)アトリエ
 『ウィット』パルコ劇場
04年 『十二人の怒れる男たち』俳優座劇場
06年 『オトコとおとこ』(アトリエ)
 『ゆれる車の音』(本公演)紀伊國屋サザンシアター
07年 『ぬけがら』(本公演)紀伊國屋サザンシアター
08年 『AWAKE AND SING!―目覚めて歌え!―』(アトリエの会)NHKみんなの広場ふれあいホール
10年 『上野動物園』(演出)日本大学芸術学部所沢校舎アートセンター・ブラックボックス
 『ぬけがら』地方公演
11年 『紙屋悦子の青春』(演出)日本大学芸術学部所沢校舎アートセンター・ブラックボックス
13年 『不幸/一周忌』浅草見番
 『わかれ道/通り雨』文学座新モリヤビル1階
14年 『お気に召すまま』(本公演)あうするぽっと
 『十三夜』一葉記念館
15年 『トロイラスとクレシダ』(せたがや文化財団、文学座、兵庫県立芸術文化センター) 世田谷パブリックシアター、他
16年 『越前竹人形』(本公演)紀伊國屋ホール 可児市文化創造センターala 小劇場

<TV>
 『花神』NHK
 『牟田刑事官V』ANB
 『いのち』NHK大河
 『中学生日記』NHK
 『弁護士・高林鮎子25』NTV
 『葵・徳川三代』NHK大河
 『レッツ・ゴー!永田町』NTV
 『身辺警護10』NTV
 『御宿かわせみ』NHK
 『生きろ〜戦場に残した伝言〜』TBS

<アテレコ>
 『ゲド戦記』スタジオジブリ
 『オースティン・パワーズ ゴールド』(ミスター・ロボット役)

<ラジオ>
 『朗読』(永井荷風の浅草)NHKラジオ第2

 
Copyright(C) 株式会社文学座
本ホームページの記載内容についての無断転載を禁じます。
このホームページの著作権は株式会社文学座に帰属します。