文学座

 
若松 泰弘
 

わかまつ やすひろ

出身地:大阪府
誕生日:9月26日
身長:174cm
方言:大阪弁
経歴:1989年 文学座研究所入所
1994年 座員となり、現在に至る。



<出演情報>
○舞台 『冒した者』
      9/6(水)〜9/22(金) アトリエ

ボイスサンプルはこちら↓ボイスサンプル
 
 

主な芸歴

<舞台>

1993年 初舞台『フエンテ・オべフーナ』(文学座アトリエ公演)
94年 『シンガー』(アトリエ)
95年 『メモランダム』(アトリエ)
96年 『太陽が死んだ日』(スフィア)天王洲アイル・アートスフィア
97年 『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』(メジャーリーグ)博品館劇場
 『寒花』(アトリエ)
 『城館』(プロツーカンパニー)東京芸術劇場
98年 『リア王』(新国立劇場)
 『牛乳屋テヴィエ物語』(本公演)東京芸術劇場
99年 『王様は白く思想する』(アトリエ)
 『翔べない金糸雀の唄』(本公演)
 『夢の島 イニシュマーン』(本公演)
 『横浜行進曲』ランドマークホール
2000年 『ノーラまたは人形の家』(名取事務所)シアターX
 『野分立つ』地方公演
01年 『モンテ・クリスト伯』(本公演)紀伊國屋サザンシアター
 『奇跡の歌姫 渡辺はま子』(横浜夢座)ランドマークホール
 『秋の蛍』(本公演)紀伊國屋ホール
02年 『ロスメルスホルムの白い馬』(名取事務所)シアターX
 『音の世界』(アトリエ)
 『猫じゃ猫じゃとおっしゃいまする』(蒲田演劇工場)紀伊國屋ホール
 『野分立つ』(本公演)俳優座劇場、地方公演
03年 『ホームバディ/カブール』(アトリエ)
 『伯爵夫人』(俳優座劇場)
 『ドラマリーディング オキシジェン(酸素)』(世田谷パブリックシアター)シアタートラム
 『蜜の味/二等辺三角形』(バニラスカイ)ザムザ阿佐ヶ谷
04年 『津国女夫池』(巣林舎)紀伊國屋ホール
 『眠り姫』(本公演)スペースゼロ
 『月夜の道化師』(本公演)地方公演
 『モンテ・クリスト伯』(本公演)天王洲アートスフィア
05年 『ぬけがら』(アトリエ)
 『喝采』(地人会)紀伊國屋ホール
 『曾我会稽山』(巣林舎)紀伊國屋ホール
06年 『破戒』(京楽座)俳優座劇場
 『薔薇』青年座劇場
 『出世景清』(巣林舎)紀伊國屋ホール
07年 『ブルーストッキングの女たち』(地人会)紀伊國屋ホール
 『ぬけがら』(本公演)紀伊國屋サザンシアター他
08年 『ダンシングアットルーナサ』富山オーバード・ホール
 『トムは真夜中の庭で』(本公演)日生劇場
09年 『ふたり静胎内さぐり』(巣林舎)紀伊國屋ホール
 『エンドレス・ドリーム ヨコハマの夜明け』大さん橋ホール
10年 『岸田國士小品選』可児市文化創造センター、新国立劇場(小劇場)
 『ぬけがら』地方公演
11年 『山羊…それって…もしかして…シルビア?』(アトリエ)
 『核・ヒバク・人間』(非戦を選ぶ演劇人の会)全労済ホール
 『岸田國士傑作短編集』(本公演)紀伊國屋サザンシアター
12年 『ふるあめりかに袖はぬらさじ』(松竹)御園座、南座、赤坂ACTシアター
 『明日の幸福』(演出)中目黒キンケロ・シアター
14年 『お気に召すまま』(本公演)あうるすぽっと
 『近未来能 天鼓』(本公演)紀伊國屋サザンシアター
 シェイクスピア・リーディング『ヘンリー八世』新モリヤビル第一稽古場
15年 『トロイラスとクレシダ』(せたがや文化財団、文学座、兵庫県立芸術文化センター) 世田谷パブリックシアター、他
 『再びこの地を踏まず−異説・野口英世物語−』(本公演)紀伊國屋サザンシアター 他
16年 『それは言わない約束』シアターブラッツ
17年 『その人を知らず』(新劇交流プロジェクト)あうるすぽっと

<TV>
 『ちょっといい母娘』TBS
 『棘・おんなの遺言状』NHK
 『天うらら』NHK
 『風子のラーメン』NHK月曜ドラマ
 『篤姫』NHK大河
 『臨場F』EX
 『遺留捜査2』@EX
 『相棒season12』@ EX
 『多摩南署たたき上げ刑事・近松丙吉12』TX
 『夢を与える』WOWOW

<映画>
 『難波金融伝 ミナミの帝王2』

<CM>
 『interactive shoes hub CONCEPT MOVIE』 富士通(株)
 『キリンチューハイ ビターズ』 キリン株式会社
 『実況パワフルプロ野球-「甲子園篇」-』 コナミホールディングス(株)

<アテレコ>
 『ゴールデンボーイ』

<ラジオドラマ>
 『夜長姫と耳男』TBSラジオ図書館
 『ア・ルース・ボーイ』NHKFMシアター
 

 
Copyright(C) 株式会社文学座
本ホームページの記載内容についての無断転載を禁じます。
このホームページの著作権は株式会社文学座に帰属します。