文学座

 
藤原新平    
 

ふじわら しんぺい


                                        
<プロフィール>
文学座座員。1965年「自由の最初の日」で初演出。73年「熱海殺人事件」(作/つかこうへい)初演を演出。アトリエ公演及び本公演で別役実作品の多くを演出。78年「にしむくさむらい」テアトロ演劇賞団体賞、79年「海行かば水漬く屍」紀伊國屋演劇賞個人賞、88年「塩祝申そう」、「鰹群」にて紀伊國屋演劇賞団体賞、97年「雨が空から降れば」文化庁芸術祭個人優秀賞など数多く受賞し、記憶に残る名舞台を創り出している。 04年兵庫県文化功労者。

<授業内容>
日本の不条理劇の代表的作家 別役実の戯曲「あーぶくたった、にいたった」をテキストにしています。セリフと身体を通して、ものの見方や捉え方の多様性を実習し、今日のさまざまな演劇に対応できる演技の基礎を培うことができます。不条理劇は難しいといわれていますが、実はその魅力、面白さ、奥深さは抜群でセリフの理解力、洞察力など演技者必須の力も当然養われます。

 

 
Copyright(C) 株式会社文学座
本ホームページの記載内容についての無断転載を禁じます。
このホームページの著作権は株式会社文学座に帰属します。