文学座

 
黒木 仁    
 

くろき ひとし


                                        
<プロフィール>
1967年研究所入所。1972年座員昇格。68年「女の一生」関西公演の小道具係が文学座初仕事。以来、舞台監督、演出補の仕事を多数務める。1984年「衣装」(作:森本 薫、俳優座劇場)で初演出。2003年より自主企画公演「万太郎の世界」を立ち上げ、久保田万太郎作品を精力的に上演している。

<授業内容>
劇団創立の三幹事の一人、「久保田万太郎」の作品を使って、失われつつある、明治、大正の下町文化と、美しい日本語の会話、着物を着ての所作を学びます。

 

 
Copyright(C) 株式会社文学座
本ホームページの記載内容についての無断転載を禁じます。
このホームページの著作権は株式会社文学座に帰属します。