文学座

upper line

イントロダクション
イントロ
   
   
   
   
 
戯曲 赤い月
 

文学座の系譜を継ぐ、新たな名作誕生の予感…。

生きているのか、生きていないのか…
ただそのことだけを確かめたいがために、
人の命をまさぐり求める

波瀾万丈の人生を逞しく生きる一人の女と、
それを取り巻く三人の男
それぞれの業を“赤い月”が妖しく照らし出す…