文学座

upper line

イントロダクション
イントロ
   
   
   
 
ゆれる車の音 〜九州テキ屋旅日記〜
 


 二十年ぶりに故郷・油津に帰ってきた男。
 二十年ぶりに帰ってきた男に血気立つ、元・愚連隊の好好爺。
 時代錯誤のハタ迷惑な二人の相克はやがて周囲を巻き込んで・・・

 『缶詰』、『踏台』と続いた鵜山仁【演出】×角野卓造【主演】シリーズ第三弾。
 今回は、独特の“人情喜劇”世界を描く人気作家・中島淳彦が文学座に初登場、新作を書き下ろします。