文学座

upper line

作家・演出家
作家/中島淳彦
   
   
   
 
ゆれる車の音 〜九州テキ屋旅日記〜
 

<作家> 中島淳彦 / なかしまあつひこ



■プロフィール

 1961年8月24日宮崎県日南市生まれ。
 小学校時代に自分が書き下ろしたコントを仲間達で演じるなど脚本家の素養を示しつつ、上京後20代で再び芝居に目覚め「劇団ホンキートンクシアター」を立ち上げる。ホンキートンクシアター解散後、色々な劇団などに台本を書き下ろしながら、劇団道学先生・劇団ハートランドの座付き作家として数多くの脚本を手掛ける。劇団青年座や44プロデュース、東京ヴォードヴィルショーなど多方面へ作品を提供し、「人情喜劇」と評される独特の作風が観客を惹き付け、旬の作家の一人として多くの人気を集めている。
 テレビドラマ「こちら本池上署」(TBS)ほか、NHK歌謡ラジオドラマなどでも脚本を手掛け、多方面で活躍を続けている。

主な作品:
劇団道学先生=「無頼の女房」「改訂ザブザブ波止場」「男子一生の仕事にあらず」「酒坊ちゃん」「エキスポ」
作品提供= 劇団青年座「夫婦レコード」
東京ヴォードヴィルショー「その人、女優?」
CX+博報堂「びっくり箱 −姉妹編−」(向田邦子作品を脚本化)
加藤健一事務所「エキスポ」(06/3/2〜) 他