文学座

 

高橋 正徳(Masanori Takahashi)    
 

たかはし まさのり

1978年東京生まれ。東京学芸大学教育学部国際文化教育課程日本研究中退。
2000年文学座附属演劇研究所40期生として入所。
2005年文学座座員となり、現在にいたる。
木村光一、西川信廣、鵜山仁、瀬久男などの演出助手を務め、 2004年文学座アトリエの会『TERRA NOVA テラ ノヴァ』で文学座初演出。以降、川村毅、鐘下辰男、佃典彦、東憲司など多くの現代作家の新作を演出。また文学座附属演劇研究所の発表会の演出も多く務める。商業演劇から小劇場まで精力的に活動する傍ら、地方劇団・公共団体・学校などでの演劇ワークショップの講師としても活躍中。

2011年文化庁新進芸術家海外研修制度により1年間イタリア・ローマに留学。
   

 
 

主な演出作品

 
2002年 『朝に死す』作:清水邦夫(文学座稽古場)
2004年 『TERRA NOVA テラ ノヴァ』作:テッド・タリー(文学座アトリエ 横浜赤レンガ倉庫)
2005年 『Knob』『Visions of Tokyo』作:夏井孝裕(H.H.G サイスタジオ)
 『署名人』作:清水邦夫(サイスタジオ サイスタジオ小茂根)
 『オトコとおとこ』作:川村毅(文学座アトリエ)
 『冬のサボテン』『愛しのメディア』作:鄭義信(H.H.G サイスタジオ小茂根)
2007年 『笛じいちゃんとボクの宇宙』作:栗城宏(わらび座 全国ツアー)
 『夜叉ヶ池』作:泉鏡花(梅田劇場 ル・テアトル銀座、シアタードラマシティ、他)
2008年 『Train coming』作:所奏(文学座・青年団合同自主企画 サイスタジオ小茂根)
 『ザ・パイロット』作:宮本 研 (劇団朋友 新宿シアターサンモール)
 『シャトリーベルサイユ』作:羽村大介(ブルーミンググループ ル・テアトル銀座)
2009年 『動物農場』作:ジョージ・オーウェル(劇団うりんこ うりんこ劇場、こまばアゴラ劇場)
 『かぐや姫』脚本:高瀬久男 振付:神埼由布子 (文学座 日生劇場)
2010年 『1960年のメロス』作:斉藤佑一(unks サイスタジオ小茂根)
 人形劇『僕は王様シリーズ おしゃべりなたまごやき』
 原作:寺村輝夫 脚本:佃典彦 (日生劇場 国際ファミリーフェスティバル)
 『ダーウィンの城』作:鐘下辰男(文学座アトリエ)
 『トップガールズ』作:キャリル・チャーチル
 『この星にともる光』作:征矢かおる(テアトルサンノーブル サイスタジオ)
2011年 『この山は白いやまではなく』作:鈴江俊郎(劇団朋友 映画放送部発表会)
 『蟻』作:秋乃桜子(unks ゴールデン街劇場)
 人形劇『ぼくは王さまシリーズ しゃぼんだまのくびかざり』
 原作:寺村輝夫 脚本:佃典彦 (日生劇場 国際ファミリーフェスティバル)
 『Let be!!』作:佃典彦 (劇団コーロ)
2012年 『エキスポ』作:中島淳彦 (劇団ハイリンド 日暮里d-倉庫)
 『海の眼鏡』作:東憲司 (文学座アトリエ)
2013年 『種をまく人』作:ポール・フライシュマン 脚本:木村玩 (八尾プリズムホール)
 『乙一 を 読む!』作:乙一 構成:秋乃桜子 (劇団昴ザ・サード・ステージLABO公演)
 新作能『世阿弥』作:乙一 構成:秋乃桜子 (フェスティバルホール)
 『わが町』作:ソートン・ワイルダー (文学座附属演劇研究所53期夜間部)
 『三びきのこぶた』(文学座 第一稽古場) 
 『アザゼルの山羊』作:ビーグル大塚 (チャリカルキ SPACE雑遊) 
 『花火、舞い散る』作:田村孝裕 (宇都宮アート&スポーツ専門学校 卒業公演) 
2014年 『人魚伝説』作:鄭義信 (文学座附属演劇研究所53期卒業公演) 
 『MY TOWN 可児の物語』原作:ソートン・ワイルダー 構成:柴幸男 (可児市文化創造センターala) 
 『天守物語』作:泉鏡花 (ダンス・ウエスト 大阪フェスティバルホール、東京オーチャードホール) 
 『鬼灯町、鬼灯通り、三丁目』作:東憲司 (劇団朋友アトリエ公演) 
 『リチャード2世』作:W・シェイクスピア (文学座アトリエ) 
 『わが町』作:ソートン・ワイルダー (文学座附属演劇研究所54期夜間部) 
 『BLUE』原作:乙一、脚本:秋乃桜子(劇団昴サード・ステージ 池袋シアターグリーン) 
 『天鼓』作:青木豪 (文学座本公演 紀伊國屋サザンシアター) 
 『花火、舞い散る』作:田村孝裕 (宇都宮アート&スポーツ専門学校 卒業公演) 
2015年 『三人姉妹』作:A・チェーホフ (文学座附属演劇研究所研修科卒業公演) 
 『King of Hearts』脚本:Steve Tesich (舞台芸術学院ステージアーティスト科 卒業公演) 
 『けっこうな結婚』作:マイケル・ジェイコブス (テアトルエコー エコー劇場) 
 『わが町』作:ソートン・ワイルダー (文学座附属演劇研究所55期夜間部) 
 『泣いた赤鬼』(可児市文化創造センターala) 
 『少し静かに』作:喜安浩平 (文学座附属演劇研究所発表会) 
 『或る日、或る時』作:森治美 (森組芝居 座・高円寺) 
 『花火、舞い散る』作:田村孝裕 (宇都宮アート&スポーツ専門学校 卒業公演) 
 『白鯨』原作:ハーマン・メルヴィル (文学座アトリエ) 
2016年 『屋上のペーパームーン』作:大竹野正典 (オフィス コットーネ スズナリ) 
 

 
Copyright(C) 株式会社文学座
本ホームページの記載内容についての無断転載を禁じます。
このホームページの著作権は株式会社文学座に帰属します。