TOP公演情報>熱海殺人事件

文学座アトリエ70周年記念公演
文学座4・5月アトリエの会  

『熱海殺人事件』    

作:つかこうへい
演出:稲葉賀恵
   
日程:2020年4月28日(火)~5月10日(日)
  
会場:信濃町・文学座アトリエ

→ 公演ブログ

部長刑事木村伝兵衛と富山から赴任してきた新任刑事の熊田、そして婦人警官ハナ子が、熱海で起きた殺人事件の真相を、容疑者大山金太郎を取り調べる中で華麗に改ざんしていく─。 本作は1973年につかこうへい氏が当時25歳の若さで文学座に書き下ろし、翌年に第18回岸田國士戯曲賞最年少で受賞した不朽の名作。今回は初演版台本にて再構築。世代を超えて数多く上演される『熱海』に文学座の新キャストと演出の稲葉賀恵が挑みます! 文学座の初演から47年、つかこうへいの遺した伝説的テキストを今一度読み解き、再創造に挑戦します。今、現代に放つ新しい「熱海」にご期待ください。
        

  つかこうへい

1948年4月、福岡県生まれ。慶應大学文学部フランス哲学科中退。劇作家、演出家、小説家。大学在学中に演劇活動を開始、1970年~80年初頭にかけて若者の熱狂的な支持を得、いわゆる「つかブーム」を巻き起こし、多くの人気俳優を輩出した。一時執筆に専念したが、演劇活動再開後は、「北区つかこうへい劇団」の創設、プロデュース公演において数々の俳優や女優の新境地を開くなど、再び精力的な活動を続けた。作品は小説、演劇のみならず、多くの映画原作ともなっている。
1974年 戯曲『熱海殺人事件』で岸田國士戯曲賞を当時最年少の25歳で受賞。
1982年 小説『蒲田行進曲』で第86回直木賞受賞。
1990年 戯曲『飛龍伝'90 殺戮の秋』で第42回読売文学賞受賞。
2007年 紫綬褒章受章。
2010年7月10日、逝去。




稲葉賀恵
(いなば・かえ)


初演から47年、当時文学座に書き下ろされた『熱海殺人事件』は、今定本とされている台本と比べて、一言で言うととてもシンプルに、当時つかさんが持っていたであろう数多の観念、哲学、知性が書き連ねられています。
初めてこの初演の台本に出合った時、その様相が自分の勝手に抱いていた『熱海』のイメージを気持ちよく裏切ってくれました。
哲学書のような手付きを持ちながら、この登場人物たちの人間臭さ、生活臭が匂ってきた気がしたのです。

初演版の台本に立ち返って、一つ一つの言葉を精査し、登場人物の姿形を再構築してみることで、当時のつかこうへい氏と今一度出会うことが出来ると思っています。
誠実に挑みます。

日本大学芸術学部映画学科監督コース卒業。大学在学時より映像作品、インスタレーションなど作品創作をスタートさせる。2008年文学座附属演劇研究所48期生として入所。研修科時代より劇団内では西川信廣、鵜山仁、髙瀬久男、松本祐子、上村聡史、劇団外では青木豪、河合祥一郎、神崎由布子(振付家)の演出助手を務める。2013年座員に昇格後、『十字軍』にて初演出。近年の演出作品に、シアタートラムネクストジェネレーション『解体されゆくアントニンレーモンド建築旧体育館の話』(15年)、文学座アトリエの会『野鴨』(16年)、東映ビデオ『野良女』(17年)、おふぃす3〇〇『川を渡る夏』(17年)、兵庫県立ピッコロ劇団『ブルーストッキングの女達』(19年)など多数。2018年10月、新国立劇場小川絵梨子芸術監督第一シーズンにおいてカミュ作「誤解」を演出。


 

石橋徹郎

上川路啓志

奥田一平

山本郁子

 

□スタッフ
美術:乘峯雅寛 照明:阪口美和 音楽/高良久美子、芳垣安洋
演奏/芳垣安洋(4/28-5/8)、一樂誉志幸(5/9・10)、助川太郎
音響:鏑木知宏 衣裳:原 まさみ 振付:下司尚実(泥棒対策ライト) 舞台監督:加瀬幸恵
宣伝美術:デザイン太陽と雲 制作:梶原 優、前田麻登、佐藤竜太郎

 


※公演中止

  
  4/28  29   30  5/1    2      3      4      5      6      7      8      9      10  
  水祝 土祝 月祝 火祝 水祝
13:00      

       
14:00              
18:00                      
19:00              

            ※開場は開演の30分前
            ★=終演後、アフタートークを開催。
    アフタートーク① 5/1(金)19:00の回  マキノノゾミ(劇作家・演出家)、キムラ緑子(女優)
    アフタートーク② 5/3(日)13:00の回  石橋徹郎、上川路啓志、奥田一平、山本郁子
    アフタートーク③ 5/5(火祝)18:00の回 中屋敷法仁(演出家・「柿喰う客」代表)、稲葉賀恵
    アフタートーク④ 5/6(水祝)13:00の回 愛原実花(女優)、山本郁子、稲葉賀恵、鬼頭典子(司会)


   

★アフタートークゲストプロフィール

            ◎=終演後、アトリエ70周年記念イベント開催。
            別途有料・要ネット予約・両日とも1・2部通して1時間半予定。料金=1,000円(税込・当日精算)
            予約開始は4月1日(水)11時より、下記の予約フォームよりご予約下さい。
             [一般予約フォーム]https://www.quartet-online.net/ticket/atorie4-5

    ●記念イベント① 4/30(木)14:00の回終演後
     第一部  リーディング:岸田國士『俳優倫理』(演出:水野玲子)出演:大原康裕
     第二部  アトリエ70周年記念トーク  出演:角野卓造(『熱海殺人事件』初演の熊田役)、
     田代隆秀(俳優・文学座附属演劇研究所出身、シェイクスピア・シアター、劇工房ライミング、
     劇団四季を経て、現在フリー)、生田みゆき(司会)
    ●記念イベント② 5/ 2(土)13:00の回終演後
     第一部  リーディング:岸田國士『カライ博士の臨終』(演出:生田みゆき)
     出演:たかお鷹、高瀬哲朗、髙橋耕次郎、得丸伸二、吉野正弘、木場允視、鬼頭典子、柴田美波
     第二部  アトリエ70周年記念トーク  出演:たかお鷹、高瀬哲朗 他、得丸伸二(司会)


文学座アトリエ 〒160-0016 東京都新宿区信濃町10 
TEL:0120-481034/03-3351-7265
JR中央・総武線「信濃町駅」より徒歩5分
東京メトロ丸の内線「四谷三丁目駅」より徒歩9分


  

文学座 03-3351-7265 ( 10:00→18:00日祝除く )
〒160-0016 東京都新宿区信濃町10