文学座 お問い合わせ・アクセス リンク
               
ホーム公演情報文学座とは座員連名支持会・パートナーズ倶楽部ワークショップ附属演劇研究所活動レポート


   
   
   
   
   
   
 
公演情報
 

2021年 文学座公演情報


ご招待や割引・先行予約などお得な特典満載の文学座支持会のご案内はコチラ

3月

A・グループ・ユース会員…ご招待
B会員…2割引
地方公演は支持会員ご招待の対象とはなりません



 本公演
『昭和虞美人草』

 作/マキノノゾミ  演出/西川信廣

文学座×マキノノゾミ第三弾。今回は文豪・夏目漱石の『虞美人草』を翻案しての舞台化です。マキノ氏は次のように言っています。私は今回「義理と人情の板挟み」といった単純なメロドラマを書きたいわけではありません。もっと体温の高い溌刺とした群像劇としてこの作品を舞台化したいですし、何よりも「普遍的な、何かとても大切なこと」を抽出したいがためにこの小説を戯曲化したいのです。文学座の名に相応しい作品となることをご期待ください。


【出 演】
早坂直家、植田真介、斉藤祐一、細貝光司、上川路啓志
富沢亜古、伊藤安那、鹿野真央、柳絢子、平体まひろ

3月9日[火]→3月23日[火]
会場:文学座アトリエ
一般前売開始  2月17日(水)

[地方公演]
3月27日[土]〜29日[月]
会場:可児市文化創造センター


公演詳細はこちら
6月

A・グループ・ユース会員…ご招待
B会員…2割引
地方公演は支持会員ご招待の対象とはなりません


 本公演
『ウィット』

 作/マーガレット・エドソン 訳/鈴木小百合 演出/西川信廣

『ウィット』は癌を患った英文学教授・ビビアンが天国に行くまでの物語です。彼女は癌を患ったことで死を見据えながら生きることの意味を考えます。私たちはいつか死んで行くのですが、もしある日突然癌を宣告されたら人はどうなるのでしょうか?日本では2人に1人が癌を患うという時代です。また、新型コロナウイルス感染症が蔓延し、「生と死」を意識せざるを得ない時代になりました。『ウィット』は私たちに「生きるとは?」という問いを投げかける作品です。


【出 演】
新橋耐子、富沢亜古、張 平、斎藤志郎、内藤裕志
木場允視、杉宮匡紀、西村知泰、川合耀祐

6月5日[土]→6月13日[日]
会場:紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA

一般前売開始 5月11日(火)
[地方公演]
6月19日[土]
会場:長岡リリックホール


公演詳細はこちら
9月

A・B・グループ・ユース会員…ご招待
地方公演は支持会員ご招待の対象とはなりません


 アトリエの会
『熱海殺人事件』

 作/つかこうへい 演出/稲葉賀恵


【出 演】
石橋徹郎、上川路啓志、奥田一平、山本郁子

9月2日[木]→9月14日[火]
会場:文学座アトリエ

一般前売開始 8月16日(月)
[地方公演]
9月18日[土]・19日[日]
会場:尼崎ピッコロシアター

公演詳細はこちら
11月

A・グループ・ユース会員…ご招待
B会員…2割引


 本公演
『ジャンガリアン』

  作/横山拓也 演出/松本祐子


【出 演】
たかお鷹、高橋克明、林田一高、奥田一平
川合耀祐、吉野由志子、金沢映実、吉野実紗

11月12日[金]→11月20日[土]
会場:紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA

一般前売開始10月11日(月)

公演詳細はこちら
12月

A・B・グループ・ユース会員…ご招待


 アトリエの会
『Hello 〜ハロルド・ピンター作品6選〜』

 作/ハロルド・ピンター 訳/喜志哲雄 演出/的早孝起


【出 演】
中村彰男、藤川三郎、石橋徹郎、上川路啓志、萩原亮介
寺田路恵、山本郁子、小石川桃子

12月3日[金]→12月15日[水]
会場:文学座アトリエ




 地方公演  支持会員ご招待の対象とはなりません。


『一銭陶貨 〜七億分の一の奇跡〜』

  作/佃 典彦 演出/松本祐子


【出 演】
鵜澤秀行、中村彰男、高橋ひろし、上川路啓志、奥田一平
奥山美代子、柳絢子、平体まひろ

6月 神奈川県
公演詳細はこちら


 地方公演  支持会員ご招待の対象とはなりません。


『怪談 牡丹燈籠』

  作/三遊亭円朝 脚本/大西信行 演出/鵜山 仁


【出 演】
早坂直家、石川 武、大原康裕、沢田冬樹、相川春樹、越塚 学
富沢亜古、つかもと景子、山崎美貴、柳絢子、大野香織、柴田美波

9月 静岡県
11〜12月中国地方・可児市

公演詳細はこちら