公演チラシダウンロード(PDF・1.79MB)   
TOP公演情報>田園1968

文化庁文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会


文学座公演  

『 田園1968 』    

作:東 憲司
演出:西川信廣
   
日程:2022年6月17日(金)~6月25日(土)
   
会場:紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA

  
  

→【随時更新】新型コロナウイルス感染拡大防止対策について

→ 公演ブログ

 

時は1968年(昭和43年)。ベトナム戦争の激化、キング牧師、ロバート・ケネディーの暗殺、フランス五月革命。日本でも学生運動が激しさを増し、世界全体が大きく揺れていた。
そんな時代の中、とある地方都市で暮らす家族とその家族を取り巻く人々。彼ら彼女らが悩み苦しみ、挫折を経た先に見える景色とは…。

社会の底辺で生きる人々の群像劇が、文学座の「生活感覚演技」でリアルな人間たちを通して展開していきます。演出の西川信廣と東憲司。初顔合わせの2人が生み出す「家族の肖像」をどうぞお楽しみください。
                           


都会と田園風景がせめぎ合う場所にある梁瀬家。父・孝雄と祖母・サワは土地を巡り、険悪な関係であった。次男の文徳は映画好きの浪人生。長女の睦美は東京での学生運動に挫折し、郷里に戻っている。ある日、会社務めをしていた長男の博徳が祖母の農園を継ぐと宣言し、梁瀬家に波紋が広がる。激動の時代の片隅で、ひっそりと暮らしていた家族に変貌と決断の時が訪れる。まるで時代の流れに呼応するかのように…。


撮影:宮川舞子


  東 憲司
(ひがし けんじ)
1964年12月17日生まれ 福岡県出身。
劇団桟敷童子代表。劇作・演出・美術を手がける。(劇団作品ペンネーム:サジキドウジ)
凝った舞台美術と社会の底辺で生きる人々を描いた骨太で猥雑な群像劇が特徴。自らの生まれ育った炭鉱町や山間の集落をモチーフにしたパワー溢れる舞台により、日本の演劇シーンの中で異彩を放っている。
外部作品も積極的に手がけ、2012年度に紀伊國屋演劇賞・個人賞、読売演劇大賞優秀演出家賞、鶴屋南北戯曲賞をトリプル受賞。また初めて手がけたTV脚本「めんたいぴりり」は第30回ATP賞、第51回ギャラクシー賞奨励賞、平成26年日本民間放送連盟賞・テレビドラマ番組部門優秀賞・第41回博多町人文化勲章を受章し、当初は福岡県のみの放送だったにも関わらず、全国で放送された。2018年3月に初の小説「めんたいぴりり」が集英社から出版。2019年1月には、映画「めんたいぴりり」が全国ロードショー。(劇団桟敷童子ホームページより。)
文学座には2012年に『海の眼鏡』(12月アトリエの会・高橋正徳演出)を書下ろし。今回が2度目の書下ろし作品となる。


 西川信廣

1949年東京生まれ。文学座附属演劇研究所16期/1981年座員に昇格。
1984年文学座アトリエの会『クリスタル・クリアー』で文学座初演出。
1986年から1年間文化庁在外研修員として渡英。ブリストル・オールドヴィックやナショナル・シアターでロジャー・リース、ピーター・ホールらの演出助手を務める。
帰国後は、劇団公演以外にも、『黒蜥蜴』(明治座)・『マイ・フェア・レディ』(東宝)などの大劇場作品から、 『黄昏にロマンス』(可児市文化創造センター)、再演を重ねる『てけれっつのぱ』(文化座)、『真砂女』(朋友)、 『十二人の怒れる男たち』『音楽劇わが町』(以上俳優座劇場プロデュース)など幅広く活躍。
地域演劇にも力を入れており、可児市文化創造センターから『すててこてこてこ』 『移動』などを発信。金沢市民芸術村で立ち上げた『おーい幾多郎』も全国で公演された。
1992年『マイチルドレン!マイアフリカ!』で紀伊國屋演劇賞個人賞、芸術選奨・文部大臣新人賞受賞。1994年本公演『背信の日々』で読売演劇大賞優秀演出家賞受賞(その後『水面鏡』『寒花』などでも受賞)。最近の劇団公演は『真実』、『寒花』、『昭和虞美人草』。
2019年公開の『兄消える』では映画監督も務める。
新国立劇場演劇研修所副所長。東京藝大客員教授。日本劇団協議会会長。日本演出者協会理事。


 
   

新橋耐子

加納朋之

高橋克明

郡山冬果

越塚 学

岡本温子

西村知泰

磯田美絵

武田知久

 

□スタッフ
美術:石井強司 照明:塚本 悟 音楽:上田 亨 音響:中嶋直勝 衣裳:山田靖子 
舞台監督:岡野浩之 演出補:西本由香 制作:梶原 優、最首志麻子、白田 聡
宣伝美術:太田克己 イラスト:徳永明美


             
  6/17 18 19 20 21 22 23 24 25
 
13:30     
18:30            

★=夜割

◎=終演後、アフタートーク実施予定
6/19(日)永島敏行(俳優・青空市場代表)、西川信廣(演出)

  

6/24(金)東 憲司(作)、石井強司(美術)

□前売開始 2022年5月14日(土)
10:00~(オンラインチケット先行)/11:00~(電話予約)

(全席指定・税込)

一 般 6,200円
夜 割 4,500円(6/17、20の夜公演限定)

ユースチケット 3,800円 (25歳以下) ※
◎夫 婦 割  11,000円
◎中・高校生 2,500円 ※

※ご来場の際にユースチケットは年齢を証明するもの、中・高校生は学生証を当日劇場でご呈示いただきます。
◎印=文学座のみ取り扱い


◎東 憲司セット券 販売期間:5/14(土)~5/21(土) お申込み:文学座電話予約のみ/数量限定
劇団桟敷童子 最新作『夏至の侍』〈6/7(火)→19(日)すみだパークシアター倉〉とセットでご購入いただけるお得なチケットです。
『田園1968』(6,200円)+『夏至の侍』(4,000円又は4,500円)…9,600円[消費税込]

     


□チケット取り扱い

文学座オンラインチケット
Webでお気軽にクレジットカードやコンビニ払い・発券が可能な新システムを導入しました。
24時間いつでも購入可能!!座席表を見ながら、お好みの席を選べます。

○文学座チケット専用ダイヤル 0120-481034(シバイヲミヨー)(11時~17時30分/日祝を除く)
≪お支払い方法≫
ご予約後、郵便振替用紙をチケットと同封して郵送いたしますので、到着後にお振込みください。銀行振込をご希望の場合は下記口座をご利用ください。
≪ご送金方法≫
銀行振込: 三菱UFJ銀行 四谷支店 
普通口座 4360713 (株)文学座切符代金口
郵便振替: 00170-4-91348 株式会社文学座

e+(イープラス)(PC・携帯共通)

○キノチケットカウンター 紀伊國屋書店 新宿本店5F(店頭販売/10:00~18:30)

キノチケオンライン

kai.jpg(5146 byte)
紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA
〒151-0051 渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 
タカシマヤタイムズスクエア南館7階 
TEL:03-5361-3321
JR新宿駅南口徒歩8分


  

文学座 03-3351-7265 ( 10:00→18:00日祝除く )
〒160-0016 東京都新宿区信濃町10