TOP公演情報>メモリアル

文化庁文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会

文学座12月アトリエの会

「 メモリアル 」
        

作:松原俊太郎
演出:今井朋彦

日程:2019年12月3日[火]→15日[日]
上演時間1時間45分予定(途中休憩なし)

会場:信濃町 文学座アトリエ

→ ENGLISH

→ 公演ブログ


「演劇立体化運動―これからの演劇と岸田國士―」をテーマに掲げた、2019年の文学座アトリエの会の掉尾を飾るのは、『山山』で岸田國士戯曲賞を受賞したばかりの松原俊太郎による最新作!
劇作・演出を兼ねるスタイルが全盛の現代日本の演劇界には希少な“劇作だけを行う劇作家”の作品に立ち向かうのはアトリエの会初演出、今井朋彦。
松原作の地点『忘れる日本人』を観て「新たな価値観との出会い」を果たした今井。
この新たな出会いが紡ぎだす物語とは…。

登場人物は、花嫁、独身者、娘、入国者、取次者、相続人の6人と、ほかたくさん。
それぞれの行く末を抱えた6人が交叉点のまん中で衝突(!)します。
川のように流れていた時間が中断し、人びとの足は止まり、そもそもふおんだった空気はさらにふおんになり……
みんなで、なんとか、出口を見つけられるでしょうか……

当然ながら人物たちはこうしたあらすじからは脱出します。
言葉というのは便利なもので、いま、とか、ここ、で起きていることを明確に差し出すことができません。
そのせいもあってか、不足が、軋轢が、格差が、対立が生じ、みんなばらばら、罵声あるいは沈黙。
というのが、人物たちが身をさらす、ふつーの背景です。
ふつーの背景では、必ず、どこかに不定の動きが発生し、拡散します。
いま、とか、ここ、に不在なのは人権ではありません、キボーの叙情事です。
(松原俊太郎)



松原俊太郎(まつばら・しゅんたろう)

1988年、熊本市生まれ。神戸大学経済学部卒。
2015年、処女戯曲『みちゆき』が第15回AAF戯曲賞(愛知県芸術劇場主催)大賞を受賞。
2017年、戯曲『忘れる日本人』(「地下室」草1,2,3号連載)、2018年『山山』が地点によりKAATにて初演、同作品にて第63回岸田國士戯曲賞を受賞。
他の作品に小説『またのために』(「悲劇喜劇」2018年1月号)、戯曲『カオラマ』など。
2019年度セゾン文化財団ジュニア・フェロー。


  今井朋彦
(いまい・ともひこ)

ありそうなシチュエーションで、ありそうな言葉を、ありそうな表現で巧みに再現するのが、従来のドラマのひとつの手法だとするなら、松原戯曲はありそうもない状況で、ありそうもない言葉を紡いだ先に、あってほしい世界の可能性を提示する。 あらゆるものが分断され、孤と化し、モノと化しているこの世界で、それでも誰かとつながること、対話することで「わたし」を取り戻し、「関係」を取り戻し、やがてそのわたしも関係も変容して、「いま、ここ」にいながら過去とも未来ともつながっていく。 アトリエという「いま、ここ」から、そのつながりのベクトルをどれだけ放射できるか。 俳優と共に格闘してみたいと思っている。


1987年、文学座附属演劇研究所入所。1992年、座員となり、現在に至る。
第31回紀伊國屋演劇賞個人賞。第9回読売演劇大賞優秀男優賞。第62回芸術選奨文部科学大臣新人賞。
近年の出演作に『Taking Sides~それぞれの旋律~』(加藤健一事務所、2019年)、『再びこの地を踏まず-異説・野口英世物語-』(本公演、2018年・2019年)など。
アトリエの会の演出は今回がはじめて。



太田志津香

上田桃子

前東美菜子

神野崇

山森大輔

萩原亮介

 

□スタッフ
美術/乘峯雅寛 照明/阪口美和 音響/藤田赤目 舞台監督/岡野浩之
制作/梶原 優、田中雄一朗、佐藤竜太郎 フライヤー/矢萩多聞

 

 

12月 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
 
14:00  
 










19:00
 
 
 

 
     

※開場は開演の30分前

★=終演後アフタートークあり。

アフタートーク★① 5日(木)19:00の回
                矢萩多聞(画家・装丁家)、上田桃子、山森大輔

アフタートーク★② 7日(土)19:00の回
                松原俊太郎(作)、今井朋彦(演出)、中村彰男

    ◎=終演後、アトリエ70周年プレイベント岸田國士リーディング&トーク開催。※別料金・要予約。
 詳細はこちら。



□前売開始 2019年11月1日(金)
(全席指定・税込)
一般前売 4,600円
当日券 4,800円※1

◎ユースチケット 2,700円 (前売・当日共に、25歳以下・文学座のみ取扱い) ※2


※1 = 当日券は開演の3時間前から専用の電話回線 (03-3353-3566) にて先着販売となります。
※2 = ユースチケットはご観劇当日、年齢を証明するものをご呈示いただきます。
     


□チケット取り扱い

○文学座チケット専用 0120-481034(シバイヲミヨー)
  (10時~17時30分/日祝を除く)

   ≪ご送金方法≫
    銀行振込: 三菱東京UFJ銀行 四谷支店 
            普通口座 4360713 (株)文学座切符代金口
    郵便振替: 00170-4-91348 株式会社文学座

     ※文学座チケット専用ダイヤルにてチケットをご予約の上、
     必要に応じてご送金をお願い致します。ご予約時にもご案内致します。

チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード496-861)
e+(イープラス)(PC・携帯共通)
○文学座公式HP(Gettiiカンフェティ版より)
          ※ご利用方法→→ ご購入『メモリアル』

○ユースチケット専用予約フォーム(カルテットオンラインより)
ご購入⇒『メモリアル』




文学座アトリエ 〒160-0016 東京都新宿区信濃町10 
TEL:0120-481034/03-3351-7265
JR中央・総武線「信濃町駅」より徒歩5分
東京メトロ丸の内線「四谷三丁目駅」より徒歩9分


文学座 03-3351-7265 ( 10:00→18:00日祝除く )
〒160-0016 東京都新宿区信濃町10