TOP公演情報>いずれおとらぬトトントトン

文学座5月アトリエの会  

『 いずれおとらぬ
   トトントトン 』
   

作:戌井昭人
演出:所 奏
   
日程:2019年5月9日(木)~21日(火)
  
会場:信濃町・文学座アトリエ

              




 

2019年文学座アトリエの会のテーマは【演劇立体化運動‐これからの演劇と岸田國士‐】。2020年、文学座アトリエの会が70周年を迎えるにあたり、文学座創設者の一人の岸田國士が唱えた文壇と劇壇を結ぶ"文学立体化運動"をより発展的に考え、意欲的で実験的な3作品を上演致します。

今年のアトリエの会の先陣を切るのは、2017年『青べか物語』で好評を博した戌井昭人×所 奏の第二弾『いずれおとらぬトトントトン』です。本作はアメリカンニューシネマの代表的作品として有名な『カッコーの巣の上で』に着想を得て、舞台を日本に置き換えたオリジナルストーリー。
今回、文学座へ書き下ろすのは戌井昭人。戌井は2016年に『のろい男 俳優・亀岡拓次』で野間文芸新人賞を受賞し、同年に映画化もされる他、俳優としても活動を広げています。 そして演出を務めるのは、文学座演出部所属の所 奏。アトリエの会では初演出作品となった『青べか物語』では周五郎作品を哲学的に展開させ、今までにない異色さで好評を博しました。

新しい年号となる2019年5月―。ユーモアあふれる独特な世界観を描く戌井ワールドの中で巻き起こる、可笑しくも騒々しい人々のドラマを皆さまにお届けします。

山奥にある病院。そこには、何かしらと交信している患者、音楽家デビューしたい患者、 スリッパ拳法を操る患者、家に帰りたい患者、毛布にくるまる患者、道行きの患者などがいる。 患者たちは、医者・看護師とのミーティング治療によって、主張することを管理・禁止されながら過ごしていた。 そんな中、ある男が病院にやってくる。


  戌井昭人
(いぬい・あきと)


世の中の常識ってなんだろう? 社会の常識、人間関係の常識もそうだが、そこから外れてしまうと、なんだかわからないレッテルを貼られてしまいます。しかし誰もが、そんな世の中を窮屈に感じているはず、逸脱する喜びを知っているはず。もちろん、その外れ方は、昨今の自己顕示欲の塊みたいなモノとは違います。でも個人的には、もっと常識から逸脱してしまっても良いではないかと思うのです。とにかく、このような窮屈な世間を突破しているような人間を描ければと思っています。

1971年、東京生まれ。劇作家、小説家。祖父は文学座の劇団代表を務めた演出家・戌井市郎。文学座附属演劇研究所を退所後、表現活動集団《鉄割アルバトロスケット》を旗揚げし、現在も活動を続けている。2008年に「鮒のためいき」で小説家デビュー。翌年発表した「まずいスープ」で第141回芥川賞に候補にノミネート。2013年「すっぽん心中」で第40回川端康成文学賞を受賞。2016年野間文芸新人賞受賞作「のろい男 俳優・亀岡拓次」は横浜聡子監督により映画化された。2017年NHKみんなのうたで放送された『うんだらか うだすぽん』の作詞をハナレグミの永積崇と共同で担当するなど、活動の幅を広げている。




    所 奏
(ところ・かなで)


「ルール」は人と人が気持ちよく暮らすために必要不可欠なものである。
人が他人のことを考えず、自分勝手にふるまえば世界は無法地帯に陥ってしまう。そうなれば「自分勝手」もできなくなる。人がルールに従うのは自由になるためと言っても良いかもしれない。
しかし、過度なルール設定は自由を奪う。犯罪捜査のために監視、盗聴を許してしまえばまともな生活など送れない。
必要なのは適度なルール設定。その中で人は自由でいられる。自由を脅かすルールを人は許したりしない、はずである。
残念なことに現実の世界はそうでもない。時に人間は自分の自由を放棄してしまう。実に不可解。自由を投げ出す人なんていないって? 沢山いるじゃないですか、今の日本には。思い当たるふしがないとは言わせない。この物語は今の日本人を描いた物語である。
ようこそ、非日常へ。

1977年、東京生まれ。玉川大学文学部芸術学科芸術表現コース卒。2003年文学座附属演劇研究所入所(43期)。2008年座員昇格。文学座公演に演出部として参加する他、文学座では西川信廣、鵜山仁、坂口芳貞の演出助手を務めた。2017年の5月アトリエの会『青べか物語』で演出家デビューを飾った。近年の演出作品は、キッズシアター~ボクとキミの秘密基地~『怪人二十面相』(17年)、ドイツ同時代演劇リーディング・シリーズ『観客たち』(17年)、文学座附属演劇研究所本科卒業発表会『生きてるものはいないのか』(18年)、キッズシアター~ボクとキミの秘密基地~『妖怪博士』(18年)。


     

石田圭祐

加納朋之

沢田冬樹

椎原克知

亀田佳明

萩原亮介

越塚 学

飯川瑠夏

前東美菜子

 

□スタッフ
美術:石井強司 照明:阪口美和 音響:丸田裕也 衣裳:宮本宣子 
舞台監督:寺田 修 制作:梶原 優、佐藤竜太郎、鈴木美幸
イラストとチラシデザイン:藤尾勘太郎

 


  
5月 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
 
14:00  







 



19:00
 
   
 
 
 

 

            ※開場は開演の30分前

    ★=アフタートーク
    アフタートーク① 5/11(土)19:00の回 戌井昭人(作)、横浜聡子(映画監督)、所 奏(演出)、椎原克知
    アフタートーク② 5/13(月)14:00の回 木皮 成(振付)、沢田冬樹、萩原亮介、鈴木亜希子
    アフタートーク③ 5/15(水)19:00の回 加納朋之、亀田佳明、前東美菜子、飯川瑠夏

□前売開始 2019年4月1日(月)
文学座支持会先行前売 3月27日(水)/ パートナーズ倶楽部先行前売 3月22日(金)
(全席指定・税込)
一般  4,300円
当日券 4,600円
※1

◎ユースチケット 2,500円 (前売・当日共に、25歳以下・文学座のみ取扱い) ※2


※1 = 当日券は開演の3時間前から専用の電話回線 (03-3353-3566) にて先着販売となります。
※2 = ご観劇当日、年齢を証明するものをご呈示いただきます。
     

□チケット取り扱い

○文学座チケット専用 0120-481034(シバイヲミヨー)
  (10時~17時30分/日祝を除く)

  

   ≪ご送金方法≫
    銀行振込: 三菱UFJ銀行 四谷支店 
            普通口座 4360713 (株)文学座切符代金口
    郵便振替: 00170-4-91348 株式会社文学座

     ※文学座チケット専用ダイヤルにてチケットをご予約の上、
     必要に応じてご送金をお願い致します。ご予約時にもご案内致します。

     

チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード492-080)
e+(イープラス)(PC・携帯共通)
○文学座公式HP(Gettiiカンフェティ版より)
          ※ご利用方法→→ ご購入『いずれおとらぬトトントトン』


*未就学児のご入場はご遠慮ください。
*車イスでご来場のお客様は、必ずご観劇前日までにご購入席番を文学座までご連絡下さい。




文学座アトリエ 〒160-0016 東京都新宿区信濃町10 
TEL:0120-481034/03-3351-7265
JR中央・総武線「信濃町駅」より徒歩5分
東京メトロ丸の内線「四谷三丁目駅」より徒歩9分


  

文学座 03-3351-7265 ( 10:00→18:00日祝除く )
〒160-0016 東京都新宿区信濃町10