文学座 お問い合わせ・アクセス リンク
               
ホーム公演情報文学座とは座員連名支持会・パートナーズ倶楽部ワークショップ附属演劇研究所活動レポート

ワークショップ

サマーワークショップ
   
   
 


 
文学座のサマーワークショップ

夜間コース


  プログラム
『 演じるための準備 』

 講師/松本祐子(演出家)
 1992年文学座附属演劇研究所入所、1997年に文学座座員に昇格。 1999年11月から1年間、文化庁在外研修員としてロンドンにて研修。 帰国後、一作目の『ペンテコスト』はその上演に対して2002年第9回湯浅芳子賞を受賞。2006年には『ぬけがら』(文学座アトリエの会)『ピーターパン』(ホリプロ)の演出に対して、第47回毎日芸術賞―千田是也賞を受賞。日本演出者協会理事。桜美林大学、昭和音大の非常勤講師を務める。文学座での近作は『大空の虹を見ると私の心は躍る』(本公演・地方公演)。


自分ではない誰かを演じるために必要なことは何だろうか?
戯曲を読み解くこと―多くの疑問を持つことでそこに何が書かれているかを丁寧に理解する。 他者の言葉を自分の言葉にしていく作業―戯曲を読み解いた上で、それを自分の身体や心に浸透させて、役の欲望や意志を自分のものとして捉えていく。
そしてそれを相手役や観客と共有し共鳴するために開かれた感性―相手役と影響を与え合うことで感情が動き、次の行動に変化が生まれるようなライブ感を伴った劇空間を生み出す。
様々なアプローチで演じるために必要なことを一緒に探求しませんか? 戯曲をもとにした実践的なワークショップです。



夜間コース
講 師  松本祐子
期 間  2017年8月17日(金)〜23日(木)
時 間  18:30〜21:30
場 所  文学座 新モリヤビル1F 文学座稽古場
 (JR「信濃町」徒歩5分、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」徒歩9分)
  map.jpg(32533 byte)
対 象  高校生以上(原則として全日参加できる方)
募集人数  25名(男女問わず)
受講料  25,000円(税込)
応募方法
 下記3点の書類を 郵送 または 文学座事務所 までお持ち下さい。
 なお、提出書類は返却いたしません。

 (1)専用の申込書をダウンロード、または既製の履歴書をご利用ください。
  ※既成の履歴書を使用する場合は、下記項目をもれなくご記入ください。
  【希望コース・氏名・住所・電話番号(携帯)・メールアドレス・生年月日(年齢)
  ・学歴職歴・演劇経験・志望動機・自己PR・今回のワークショップを知ったきっかけ】
  ※高校生の方は保護者の承諾(履歴書にサインと印鑑)が必要となります。

 (2)全身写真1枚(L版で顔がはっきりわかるもの)
 (3)82円切手を貼った返信用封筒(長形3号)

送り先  〒160-0016 東京都新宿区信濃町10 文学座サマーワークショップ係
選考方法  定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。
受付期間  7月9日(月)〜8月2日(木)必着/事務所受付は日祝除く11:00〜17:00
選考結果  受講案内・抽選結果は8月8日頃に発送をもってお知らせいたします。



昼間コース


  プログラム1
『 ―ライブ感― 』

 講師/沢田冬樹(俳優)
 1990年文学座附属演劇研究所入所、1995年文学座座員に昇格。 舞台をはじめ、TV、ラジオドラマなど幅広く活躍。 近年の文学座での出演は『明治の柩』『鼻』(本公演)『NASZAKLASA』『白鯨』『かどで/舵』(アトリエの会)ほか多数。 2018年は『怪談 牡丹燈篭』(本公演)、12月には『ジョー・エッグ』(アトリエの会)に出演。


その場で瞬間に起こった事、その場で瞬間に生まれてくるものに素直に反応し、余計な事を考えず シンプルにストレートに表現してみる。 そんなライブ感あふれた時間を体感してみませんか


   


  『 舞台の仕組みを知れば
   演劇がもっと面白くなります。 』

 講師/西本由香(演出家)
 日本大学藝術学部演劇学科演出コース卒業。 2006年文学座附属演劇研究所入所、2012年文学座座員に昇格。 文学座の公演に演出部として参加する他、劇団内外で主に鵜山仁、松本祐子などの演出助手を担当。 近年の演出作品として『燃ゆる暗闇にて』(自主企画公演)『美しきものの伝説』(文学座附属演劇研究所研修科卒業発表会)。 2018年12月文学座でのデビューとなる『ジョー・エッグ』(アトリエの会)の演出を務める。


1人の言葉と、2人の対話と、3人の会話はそれぞれどう違うのか。 台本を読むこと、台詞を生きた言葉にする事、舞台の上で立つこと、歩くこと、見ること。既存の戯曲から抜粋したテキストを使って、その入り口を体験します。この一週間の経験を通して、観ることも演じることも更に楽しめるようになればと思っています。


昼間コース
講 師  沢田冬樹+西本由香
期 間  2017年8月20日(月)〜26日(日)
時 間  11:00〜16:30
場 所  文学座 新モリヤビル1F 文学座稽古場
 (JR「信濃町」徒歩5分、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」徒歩9分)
  map.jpg(32533 byte)
対 象  高校生以上(原則として全日参加できる方)
募集人数  25名(男女問わず)
受講料  昼間コース40,000円(税込)
応募方法
 下記3点の書類を 郵送 または 文学座事務所 までお持ち下さい。
 なお、提出書類は返却いたしません。

 (1)専用の申込書をダウンロード、または既製の履歴書をご利用ください。
  ※既成の履歴書を使用する場合は、下記項目をもれなくご記入ください。
  【希望コース・氏名・住所・電話番号(携帯)・メールアドレス・生年月日(年齢)
  ・学歴職歴・演劇経験・志望動機・自己PR・今回のワークショップを知ったきっかけ】
  ※高校生の方は保護者の承諾(履歴書にサインと印鑑)が必要となります。

 (2)全身写真1枚(L版で顔がはっきりわかるもの)
 (3)82円切手を貼った返信用封筒(長形3号)

送り先  〒160-0016 東京都新宿区信濃町10 文学座サマーワークショップ係
選考方法  定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。
受付期間  7月9日(月)〜8月2日(木)必着/事務所受付は日祝除く11:00〜17:00
選考結果  受講案内・抽選結果は8月8日頃に発送をもってお知らせいたします。




問い合わせ
文学座企画事業部 担当:佐藤・鈴木
TEL.03-3351-7265(11:00〜17:00)
MAIL.info@bungakuza.com