文学座 お問い合わせ・アクセス リンク
               
ホーム公演情報文学座とは座員連名支持会・パートナーズ倶楽部ワークショップ附属演劇研究所活動レポート

ワークショップ

サマーワークショップ
   
   
 


 
文学座のサマーワークショップ

夏恒例の文学座による演劇ワークショップ!
今年も第一線で活躍する文学座の演出家、俳優によるプログラムをリモートでお届けします。
演劇経験のない方から将来文学座附属演劇研究所への受験をお考えの方まで
どなたでも受講いただけます!

昼間対面コース


  プログラム1
『 台詞で世界は変わるのか? 』

 講師/高橋正徳(演出家)
 東京都出身。日本演出者協会会員。 2004年「TERRA NOVA」(文学座)で演出家デビュー。 以降、鐘下辰男、佃典彦、東憲司、青木豪、古川健など多くの現代作家の新作の一方、海外戯曲、古典作品など多数演出。また、公共ホール、地方劇団でのワークショップや演出、大学や高校、演劇研究所などで講師も勤める。 2011年文化庁新進芸術家海外研修制度により一年間イタリア・ローマに留学。主な演出作品「白鯨」「ガラスの動物園」「かのような私-或は斎藤平の一生-」(以上文学座)「斜交」(水戸芸術館)「毒おんな」(椿組)など


俳優は戯曲を前にすると自分の台詞を自分のためにだけに使いがちです。しかしほとんどの台詞は、語られるべき相手が存在し、その相手に向かって発話されます。そして自分の台詞を使ってどう相手を変えられるのか?自分の台詞を武器に相手と渡りあってみる、相手の台詞を受けて自分が変わる、相手を変える事で自分が変わる…究極、台詞で世界を変えらるのか?。いくつかのシーンスタディを通して対話の中での変化を模索したいと思っています。




  プログラム2
『 言葉のキャッチボール 』

 講師/永川友里(俳優)
 東京都出身。舞台出演のほか朗読、映画、ドラマ、声優として海外ドラマ等の吹き替え、CM出演、朗読など幅広く活躍。ワークショップ講師としても活動している。近年の文学座公演は2015年〜18年『再びこの地を踏まず−異説・野口英世物語−』、2016年『セールスマンの死』の他イギリスとの合作『野兎たち』など外部公演にも出演。


東京都出身。舞台出演のほか朗読、映画、ドラマ、声優として海外ドラマ等俳優はよく演出家から「台詞をかけて」「台詞を聞いて」と言われます。では、実際台詞をかけるとはどういう事なのか。台詞を聞くとはどういう事なのか。戯曲を使いながら具体的にどうすれば良いのかを体感してもらい、俳優を目指していく上で役立つヒントを掴み成長する1週間にしましょう!


昼間対面コース
講 師  高橋正徳・永川友里
期 間  2021年8月14日(土)〜20日(金)全7日間
時 間  11:00〜16:30
場 所  文学座稽古場
対 象  高校生以上(全日参加できる方)
募集人数  15名(男女問わず)
受講料  44,000円(消費税込)
応募方法  webフォーム必要事項を記入し、全身写真をアップロードしてください。

 @webフォームにアクセスする。
 A必要事項を記入して「確認」ボタンをクリックする。
 B記載内容に間違いがないかを確認して「送信」ボタンをクリックする。
 C完了画面に表示されるアップロードサイトへのURLをクリックする。
 D氏名とメールアドレスを記入し、全身写真をアップロードする。
 ※全身写真は顔がはっきり写っているものをお願いします。
選考方法  定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。
受付期間  7月20日(火)12時〜8月3日(火)17時
選考結果  受講案内・抽選結果は〆切後3日以内にメールでお知らせいたします。
 ※携帯電話などでの受信の場合はbungakuza.comからのメールを
  受信できるようにドメイン解除設定をお願いします。




夜間リモートコース


  プログラム
『 言葉を共有しよう! 』

 講師/五戸真理枝(演出家)
 兵庫県出身。小道具係、衣裳係、演出助手などとして座内の多数の公演に参加。16年文学座アトリエの会、久保田万太郎作『舵』で初演出。新国立劇場では『どん底』の演出務め、2022年3月文学座アトリエの会『コーヒーと恋愛』では作・演出を担当するなど演出の他、戯曲や童話の執筆も手掛ける。


戯曲の読み解き方に正解はありません。ですが、ある戯曲を上演しようとするとき、共演者同士は共通の解釈のもとに台詞を立体化していく必要があります。この、共通の解釈を導き出す作業と、その解釈をもとに会話を立体化する作業を順を追って行います。会話を成立させるために、より大事なのは視覚よりも聴覚だという説もあります。離れた場所にいる相手役の声に耳をすまし、リモートでしか体験できないドラマ作りを通じて演劇を探究しましょう!


夜間リモートコース
講 師  五戸真理枝
期 間  2021年8月23日(月)〜29日(日)全7日間
時 間  18:00〜20:00
場 所  リモート開催
 ※zoomを使用します。アプリのダウンロードやインターネット環境が必要です。
対 象  高校生以上(全日参加できる方)
募集人数  15名(男女問わず)
受講料  16,500円(消費税込)
応募方法  webフォーム必要事項を記入し、全身写真をアップロードしてください。

 @webフォームにアクセスする。
 A必要事項を記入して「確認」ボタンをクリックする。
 B記載内容に間違いがないかを確認して「送信」ボタンをクリックする。
 C完了画面に表示されるアップロードサイトへのURLをクリックする。
 D氏名とメールアドレスを記入し、全身写真をアップロードする。
 ※全身写真は顔がはっきり写っているものをお願いします。
選考方法  定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。
受付期間  8月3日(火)12時〜17日(火)17時
選考結果  受講案内・抽選結果は〆切後3日以内にメールでお知らせいたします。
 ※携帯電話などでの受信の場合はbungakuza.comからのメールを
  受信できるようにドメイン解除設定をお願いします。





問い合わせ
文学座企画事業部 担当:佐藤・鈴木
TEL.03-3351-7265(11:00〜17:00)
MAIL.info@bungakuza.com