文学座 お問い合わせ・アクセス リンク
               
ホーム公演情報文学座とは座員連名支持会・パートナーズ倶楽部ワークショップ附属演劇研究所活動レポート

ワークショップ

サマーワークショップ
   
   
 


 
文学座のサマーワークショップ


夏恒例の文学座による本格的なワークショップ!
今年も第一線で活躍する文学座の演出家、俳優によるプログラムでお届けします。
演劇経験のない方から将来文学座附属演劇研究所への受験をお考えの方まで
どなたでも受講いただけます! 夜間コース


  プログラム
『 ツールを見つける 』

 講師/稲葉賀恵(演出家)
 2008年文学座附属演劇研究所入所。48期生。 2013年文学座座員昇格。 鵜山仁、瀬久男、上村聡史、青木豪らの演出助手を経て、2013年文学座アトリエの会『十字軍』で演出デビュー。 近年演出作品に日生劇場ピロティ・リーディング『マリアナ・ピネーダ』(14年)、シアタートラムネクスト・ジェ ネレーション 『解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話』(15年)、文学座アトリエの会『野鴨』(16年)、東映ビデオ『野良女』(17年)、おふぃす3○○『川を渡る夏』(17年)、新国立劇場『誤解』(18年)など多数。


 実際の稽古場でどう本を読み解いていくのか。 立ち稽古に移行する上で、読み解いたストーリー をどう伝えていくのか。 本番を迎えた時、稽古で蓄積されたことをどう実 践していくのか。 これらのプロセスを1週間で擬似体験してみるこ とが今回のワークショップの目的です。 既存の戯曲を使用して、実際に現場で使える ツールを見つけていきましょう。


夜間コース
講 師  稲葉賀恵
期 間  2019年8月17日(土)〜23日(金)
時 間  18:30〜21:30
場 所  文学座附属演劇研究所
 (JR「信濃町」徒歩15分、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」徒歩1分)
   および
  文学座 新モリヤビル1F 文学座稽古場
 (JR「信濃町」徒歩5分、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」徒歩9分)
  map.jpg(32533 byte)
対 象  高校生以上(原則として全日参加できる方)
募集人数  25名(男女問わず)
受講料  25,000円(税込)
応募方法
 応募は簡単3ステップ!

 step1.申込用紙を文学座へ郵送する
  (ダウンロード、または既製の履歴書をご利用ください)
  ※既成の履歴書を使用する場合は、下記項目をもれなくご記入ください。
  【希望コース・氏名・住所・電話番号(携帯)・メールアドレス・生年月日(年齢)
  ・学歴職歴・演劇経験・志望動機・自己PR・今回のワークショップを知ったきっかけ】
  ※全身写真1枚(L版で顔がはっきりわかる全身写真)を貼る
  ※高校生の方は保護者の承諾(履歴書にサインと印鑑)が必要となります。
  ※提出書類は返却いたしません。
 ↓
 step2.エントリーメールをinfo@bungakuza.comに送信する。
  件名:「サマーワークショップ」
  本文: 名前、電話番号を明記
  ※携帯電話からの送信の場合はbungakuza.comからのメールを受信できるようにドメイン解除設定をお願いします。
 ↓
 step3.応募書類の確認後に送信される受付完了メールを受信する。
  ※郵送書類とエントリーメールの両方を確認後、受付完了メールを送信いたします。
  一週間たってもメールが届かない場合はご連絡ください。


送り先  〒160-0016 東京都新宿区信濃町10 文学座サマーワークショップ係
選考方法  定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。
受付期間  7月16日(月)〜8月2日(金)必着/事務所受付は日祝除く11:00〜17:00
選考結果  受講案内・抽選結果は〆切後3日以内にメールでお知らせいたします。



昼間コース


  プログラム1
『 溢れでること 』

 講師/奥山美代子(俳優)
 1989年文学座附属演劇研究所入所、1994年文学座座員。 90年に文学座アトリエで上演した『グリークス』が初舞台。近年の出演作 は文学座公演『タネも仕掛けも』(12年)文学座アトリエの会『野鴨』(16 年)、『ジョー・エッグ』(18年)文学座公演の他にもシェイクスピアシア ターの作品に数多く出演。2019年10月には文学座公演『一銭陶貨〜七 億分の一の奇跡〜』の出演が控えている。 俳優養成所や声優学校での講師経験も豊富な人気講師。


役者として一番大切なことは気持ちが、心が、 溢れでることです。 自分じゃない自分に出会えたら役者として、 大きく変わっていくことができます。 シェイクスピアの一人台詞と掛け合いの台詞 で、楽しみましょう。


   


  『影響を与える、影響を受ける 』

 講師/所 奏(演出家)
 2003年文学座附属演劇研究所入所、2008年文学座座員昇格。 文学座公演に演出部として参加する他、文学座では西川信廣、鵜山仁、坂 口芳貞の演出助手を務めた。2017年文学座アトリエの会『青べか物語』で 演出デビュー。近年の演出作品は、キッズシアター〜ボクとキミの秘密基 地〜『怪人二十面相』(17年)、ドイツ同時代演劇リーディング・シリーズ『観 客たち』(17年)、文学座附属演劇研究所本科卒業発表会『生きてるものは いないのか』(18年)、キッズシアター〜ボクとキミの秘密基地〜『妖怪博 士』(18年)、文学座アトリエの会『いずれおとらぬトトントトン』(19年)。


セリフをしゃべる、演技する。役を演じるために 必要不可欠なこの行為は、相手に影響を与え るためにあります。どうやったら影響を与える 芝居ができるのでしょうか。実際にセリフをや り取りする中でその方法をお伝えしていきたい と思います。演技の奥深さを知り、演劇がさら に面白くなる夏になることでしょう。


昼間コース
講 師  奥山美代子+所 奏
期 間  2019年8月19日(月)〜25日(日)
時 間  11:00〜16:30
場 所  文学座附属演劇研究所
 (JR「信濃町」徒歩15分、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」徒歩1分)
   および
  文学座 新モリヤビル1F 文学座稽古場
 (JR「信濃町」徒歩5分、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」徒歩9分)
  map.jpg(32533 byte)
対 象  高校生以上(原則として全日参加できる方)
募集人数  25名(男女問わず)
受講料  昼間コース40,000円(税込)
応募方法
 応募は簡単3ステップ!

 step1.申込用紙を文学座へ郵送する
  (ダウンロード、または既製の履歴書をご利用ください)
  ※既成の履歴書を使用する場合は、下記項目をもれなくご記入ください。
  【希望コース・氏名・住所・電話番号(携帯)・メールアドレス・生年月日(年齢)
  ・学歴職歴・演劇経験・志望動機・自己PR・今回のワークショップを知ったきっかけ】
  ※全身写真1枚(L版で顔がはっきりわかる全身写真)を貼る
  ※高校生の方は保護者の承諾(履歴書にサインと印鑑)が必要となります。
  ※提出書類は返却いたしません。
 ↓
 step2.エントリーメールをinfo@bungakuza.comに送信する。
  件名:「サマーワークショップ」
  本文: 名前、電話番号を明記
  ※携帯電話からの送信の場合はbungakuza.comからのメールを受信できるようにドメイン解除設定をお願いします。
 ↓
 step3.応募書類の確認後に送信される受付完了メールを受信する。
  ※郵送書類とエントリーメールの両方を確認後、受付完了メールを送信いたします。
  一週間たってもメールが届かない場合はご連絡ください。


送り先  〒160-0016 東京都新宿区信濃町10 文学座サマーワークショップ係
選考方法  定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。
受付期間  7月16日(月)〜8月2日(金)必着/事務所受付は日祝除く11:00〜17:00
選考結果  受講案内・抽選結果は〆切後3日以内にメールでお知らせいたします。




問い合わせ
文学座企画事業部 担当:佐藤・鈴木
TEL.03-3351-7265(11:00〜17:00)
MAIL.info@bungakuza.com