文学座 お問い合わせ・アクセス リンク
               
ホーム公演情報文学座とは座員連名支持会・パートナーズ倶楽部ワークショップ附属演劇研究所活動レポート

upper line

授業について
   
友だち追加数
   
   
 
授業について
 

◆ 本科[一年間]

本科の授業内容は大別して“理論と実践”です。演劇界の第一線で活躍している講師の下、演技実習、音楽、体操、アクション、吹替え実習、能、作法、着物の着付け等を学びます。 この他にも、舞台監督や舞台美術、照明、音響効果のプランナー、マネージャー、劇団所属の座員による特別講義、また演劇評論家や専門家による演劇理論や演劇史などの座学も行います。演出部、制作部の授業は原則として演技部と同じですが、演出部、制作部だけのを特別授業を行います。
バラエティー豊かな講義・実習を一年間通じて学ぶことで、俳優として、演劇人としての基礎を身につけていきます。

○授業時間
月曜~土曜の週6日 (日曜・祝日は休み)  ※夏期休暇約30日間、冬期休暇約10日間

・昼間部 10~14時 (途中1時間の昼食休憩。休憩なしの11~14時の日もあります)
・夜間部 18~21時10分 (途中10分休憩。授業によって21時30分頃まで)

※14時~18時は教室を開放。
※発表会の稽古期間中は授業時間が延長する場合があります。

○発表会
『わが町』(作=ソーントン・ワイルダー)
『女の一生』(作=森本薫)
卒業発表会(作品は未定)
の3本を文学座アトリエで行います。他に稽古場での発表会も行います。


◆ 研修科[2年間]

研修科の授業は週1回通年の体操と年3回のアクション・マイム・歌・ダンスの集中講義があります。研修科では年に4回の発表会、そしてリーディングなどの稽古場発表会、演出部所属者による稽古場発表会を行うこともあり、 和洋、時代を問わずいろいろな作家の作品・戯曲に取り組み、実践と自主性を重視した2年間を過ごすことになります。 また、文学座本公演・アトリエの会への出演、メディア出演の可能性もあります。



◆ 講師陣 (本科カリキュラム)

<演技実習>


坂口芳貞


鵜澤秀行


鵜山 仁


小林勝也


高橋正徳


寺田路恵


中村彰男


西川信廣


藤原新平


松本祐子

<体操> <アクション> <音楽>

竹田恵子


渥美 博


竹澤嘉明


吉田伸昭

<日本演劇史> <西洋演劇史> <能楽> <作法> <リズム>

大笹吉雄


河合祥一郎


櫻間右陣


永渕千賀子


畑中暢行

    


◆ 本科授業風景  →授業の様子はブログで随時更新しています。
  
演技実習

演技実習

体操

アクション

演技実習

演技実習

着付け

作法

演技実習

特別講義「照明」

音楽

座学「西洋演劇史」



吹替え実習

稽古場発表会の稽古

発表会「女の一生」の稽古

演出ゼミ

舞台美術ゼミ



◆発表会舞台写真(2017年度)
       
57期本科 昼間部 発表会「わが町」


57期本科 夜間部 発表会「わが町」


57期本科 昼間部 発表会「女の一生」


57期本科 夜間部 発表会「女の一生」


57期本科 昼間部 卒業発表会
「生きてるものはいないのか」



57期本科 夜間部 卒業発表会「大市民」※


2017年度研修科 発表会「家を出た」


2017年度研修科 発表会「ゴドーを待ちながら」


2017年度研修科 発表会「ペンテコスト」


2017年度研修科 卒業発表会「美しきものの伝説」


撮影:宮川舞子
※57期夜間部卒業発表会『大市民』撮影:田中亜紀